静かな落日

昨晩、劇団民芸の「静かな落日~広津家三代~」を、茅ヶ崎文化会館で観ました。作家広津和郎のお父さんと娘、桃子の家族の在り方晩年の松川事件への関わりが、演じられた。裁判について、裁判員裁判が始まったところと、重なり考えさせられました。

静かな落日 

樫山文枝さん、伊藤孝雄さんとても素敵でした。

Category: 観劇

コメント

No title

観劇よかったですね。私も見たかったです。裁判員制度を前に横浜地裁に傍聴に行きました。考えさせられることが多かったです。

2009/08/29 (Sat) 00:25 | nryou #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

>