9月の料理

 いつまでも暑い中、頑張って出かけました。
ひもなすのジャージャー麺風
ひもなすのジャージャー麺風 

長さ30センチ、太さが3センチぐらいの紫、若草色、白の3種類のなすを(この太さと色のなすは初めて使いました)、幅3ミリの細長く切り、麺に仕立て上にひき肉をそぼろ状にしたものを上に乗せ、かつら剥きのきゅうりと青紫蘇をトッピング
豆板醤を入れたので、辛味が加わって夏向きです。

卵とキャベツのスープ
卵とキャベツのスープ 
煙が出るまで加熱した油に、卵を流しいれふわふわに作り、スープを加えキャベツ、きくらげ、ニンジン、最後に水溶き片栗粉で薄いとろみをつける。

サツマイモと生切り昆布の煮物  
サツマイモと生切り昆布の煮物
サツマイモ、油揚げ、切り昆布、それぞれ下処理の後煮含める。

鶏肝の佃煮
鶏肝の佃煮 
レバーとハツは流水できれいに洗い下処理をした後、酒、醤油、砂糖、生姜でゆっくりと弱火で煮汁が無くなるまで煮る。
においもなくとても食べやすく完食しました。

麦茶のパンナコッタ
麦茶のパンナコッタ風 
砂糖にアガー、牛乳を沸騰させ麦茶を加え、冷ます。食べるときに生クリームを、簡単でとても美味しいデザート



おまけ

大葉のキムチ漬け
大葉のキムチ漬け 
大葉の間に先制特製のキムチを挟んで漬け込んだもの。

ニラ、ニンジン、切り干し大根etc.でキムチを作っているそうです。ごはんが進む1品
Category: 料理

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

>