夏野菜の献立

 夏野菜色々の献立でした

  キーマカレー  (介護食)
     野菜類を細かく切りそろえてあるので、短時間に完成
     通常食にもOKでした
キーマカレー

 
夏野菜の寄せ物
  
色とりどりの夏野菜を7㎜ほどに切りそろえて、和風だしに「アガー」で液を作り型に流しいれ固める
  人寄せなどに前もって支度できるのでとても便利

夏野菜の寄せ物


アガー

原材料
カラギーナン(海藻の抽出物)、ローカストビーンガム(マメ科の種子の抽出物)などを混合したゲル化剤
特徴
  • ゼラチン、寒天と比べて最も透明感が高く、美しい光沢があるので、素材の色をいかすことができる
  • 寒天とゼラチンの間のような、プルッとした独特の食感
  • 無味無臭なのでどんな素材でも風味の邪魔をしない
使用上の注意
ダマになると加熱してもうまく溶けなくなることがあるため、あらかじめ砂糖と混ぜておくか、しっかり混ぜながら徐々に液体を加えていきましょう。

変わりポテトサラダ
 新ゴボウ、ベーコン  触感が面白いポテサラ
変わりポテトサラダ


甘夏のデザート

  こちらは寒天で、
甘夏のデザート
材料費¥380-でした
Category: 料理

5泊6日の国内旅行

5月25日から5泊6日で出かけました。
1日目名古屋に向かって出発
 熱田神宮
(7).jpg 
(10)熱田神宮 

岐阜都ホテル着
ホテルで夕飯をとってから、ホテル前の長良川川岸から鵜飼見物
余りの静けさでここで「鵜飼」が本当にあるのかしら?と、思って居たところ花火が1発踊り子さんを乗せた船が合図?
沢山の観光船が並びました。
01鵜飼 
02鵜飼 

2日目
ホテル前の「岐阜城」にロープウエーで登り「伊吹山」へ
霧に包まれ、高山植物には少々早く、残念でした。
(68) 伊吹山 
7時の息子家族と待ち合わせているので、慌てているところに高速道路の工事中で、大渋滞
大鳴門橋を渡ってギリギリ「ウエスチン淡路」ホテルに着き、賑やかに夕食会

3日目
別行動で私達は「明石海峡大橋」を渡って、「渦潮」見物
観光船に乗るのを待っていると、海中にはいっぱいの「くらげ」水族館以外で初めて見ました。
 
(92)鳴門 
(117)渦潮 
(123)渦潮 
(125)渦潮 

戻ってホテルの横にある「国営明石海峡公園」へ
(152)淡路島国営明石海峡公園 
高槻にある息子宅へ

4日目
孫の「御琴」の発表会を見に出かけました。

5日目
息子家族に感謝して家を後に京都「西本願寺」へ
(183)西本願寺 

香嵐渓
(187)香嵐渓 

紅葉の季節にぜひ来てみたいところです。
茶臼山高原」へ向かいました。芝桜でこんなに観光スッポトになっていることを知らない私たちは渋滞にどっぷりはまってしまい、残念ながらユータンする羽目になってしまいました
帰りは新東名を使って
(212)御殿場からの富士さん
御殿場付近からの富士山

無事に帰ってこれたことに一安心
全行程「1,500Km
Category: 旅行

お手玉

 昨年1月に京都に引っ越しをした、息子家族を訪問する事になり、お土産にお手玉を作ることにしました。
「数珠玉」を使いたと思って居ましたが、手に入らず「小豆」をと思って居たところ、環境のせいでしょうか?虫が湧くことがあるので避けた方が良いと、Netに書かれていました。「手芸用ペレット」を利用する事にしました。適度な重さもありました。
こどもの頃の私のお手玉は俵型で、お友達が持っている「ざぶとん型」がうらやましかった記憶があり、4枚の布を組み合わせて作りました。
2お手玉 

お手玉を入れる「巾着袋」をリバーシブル仕立てで作ってみました。
1お手玉


3お手玉

お友達に聞いた所、今の子はお手玉では遊ばないとか、(ノД`)・゜・。大丈夫かなぁ???
 

Category: つれずれ

フキと新キャベツ

今月は大好きな「フキ」と「新キャベツ」の料理でした。
  • フキと鶏の揚げ団子・・・茹でたフキと鶏ひき肉、えのきだけの団子
  • 新キャベツの和え物・・・粗みじん切りの桜えびと玉ねぎとレモンで作ったソースをゆでた新きゃべつに和える
  • 若竹汁
  • フキの葉の佃煮・・・甘みが加わったフリカケ
  • イチゴミルク
20170509185648653.jpg 

材料費¥400で美味しいランチを頂きました
Category: 料理

子供の日

 孫と一緒に海岸までサイクリング
波打ち際で遊んでいると、上空に鯉のぼりを従えたパラグライダーが優雅に飛んでいました。
FB_IMG_1493987493379.jpg
 

帰りに家の近くでランチ
「バイザウェイ」久しぶりに行きました。とても美味しく、外には何人もの人が待っていて驚き((((;´・ω・`)))
バイザウェイ

Category: つれずれ
>